甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳 Wピストン (2010.8.28~ 2010.8.29) Ⅰ

深田久弥が日本アルプスで一番きれいな頂上 ・ わが国の駒ケ岳の筆頭 
日本10名山に入る名峰 と褒めちぎっている甲斐駒ケ岳。

又、日本アルプスの中で好きな山は、北は鹿島槍、南は仙丈といわしめる
仙丈ヶ岳。

この2峰を一気に登っちまおうという贅沢な企画
(実際行ったら、そんな人が多いこと多いこと)

8月最後の土日、天気にも恵まれた大変楽しい山行でした。

場所はここ・・


朝一のバスで仙流荘前から出発  人がいっぱいで前倒しでどんどん出発
画像


本日の登山口、北沢峠に到着  ここから右⇒仙丈ヶ岳 左⇒甲斐駒ケ岳への分岐
山梨側にちょっと下り  さあ本日は甲斐駒ケ岳へ
画像


北沢駒仙小屋までは車道を進む
画像


小屋前から登山道にはいります
画像


しばらく沢沿いに進む
画像


すぐに、仙水小屋に到着。。 冷たい水で一休み
画像


樹林帯には苔がきれ~な場所もあって涼しく進む
画像


樹林帯を抜けるとゴーロの斜面(岩塊斜面)の裾を通っていく
画像


仙水峠到着
画像


ここからの眺めは素晴らしい。。 
甲斐駒ケ岳の摩利支天が堂々と眼前に
画像


南にはオベリスクの鋭峰が見える
画像


仙水峠から駒津峰へは樹林帯を直登
画像


登るうちにガスが湧いてきた 
画像


仙丈ヶ岳はまだ奇麗に見える ぽっかり雲が日傘になってる
画像


駒津峰到着
画像


さあ、いこう
画像


岩場の痩せ尾根を進むと六方石(ろっぽうせき)に到着
画像


花崗岩の中に面白い列柱石?の地層も見える
画像


頂上が見えてきた
画像


もうちょい、あそこだ!!
画像


甲斐駒ケ岳(2,967m)到着
画像


頂上で食事をとりなが~い休憩。。  祠にお参り
画像


祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)のはずなのですが・・・。。
写真で確認とれました。。  大国主命の若い時の名前・・素戔鳴尊の子供とか孫とか。
古い時代からの信仰の山として登られていたとのことですね~

さて、摩利支天の分岐まで下り
画像


分岐にザックをデポしダッシュでGO!!
4分で到着。。(笑)
画像


どうしちゃったんでしょうか? 摩利支天の像壊れちゃってます。
脇にはレリーフがあります。。
画像


垂直の壁は途中圧巻
画像


帰りは・・・往復10分でした・・もったいなかったかな(笑)
白い砂に別れを告げ
画像


駒津峰までくると遠雷が・・・・やべっ
双児山の尾根沿いに下るつもりが変更!! いそいで樹林帯に逃込む。。
画像


仙水峠まで下ると雲ははるか頭上で大人しくなっちゃった。。
北沢峠まで戻り、ちょっと長野側に下って今日のお宿大平山荘に到着。。
夜は一緒に泊まった人たちと花火させていただきました

さあ明日は仙丈ヶ岳だ!




甲斐駒・仙丈・塩見岳 (日本の山と渓谷)
山と溪谷社
津野 祐次

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 甲斐駒・仙丈・塩見岳 (日本の山と渓谷) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

花かおる仙丈ケ岳・東駒ケ岳
楽天ブックス
商品副データビジタ-・ガイドブック津野祐次ほおずき書籍/星雲社この著者の新着メールを登録する発行年月

楽天市場 by 花かおる仙丈ケ岳・東駒ケ岳 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

PH206
2010年09月18日 02:30
なんか今けっこう登山ブームみたいで、若い女の子でもおしゃれに着飾って山登りしてるみたいですね。登山の良さをみなさん気づき出したのでしょうか。バス停人いっぱいやね、頂上もいっぱいなのでしょうか?垂直の壁すごい!!

この記事へのトラックバック