岩魚と山と竜と鈴

アクセスカウンタ

zoom RSS 室堂〜剱澤雪渓〜裏剱〜阿曾原温泉〜水平歩道の旅  前篇

<<   作成日時 : 2017/10/15 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

あいかわらず、更新できてません。

もう、一か月近く前の山旅です。

欅平〜阿曾原温泉 間の水平道が9月16日に開通した情報を確認し、

憧れの水平道〜阿曾原温泉に向かいました。


9月21日(木)
AM 9:00 前に立山駅からロープウェー&バスで室堂着

初日は剱澤小屋までと決めているので、ゆっくり室堂散策。
画像


何度か来ている室堂ですが、玉殿岩屋(たまどののいわや)は見たことがありません。

日本最古の山小屋、室堂山荘の脇から降りて数分ですが、天気のよさと紅葉が始まった

景色のよさでなかなか進めません(笑)
画像


伝説の玉殿岩屋に到着です
画像


玉殿岩屋は立山開山伝説の聖地で、熊と白鷹を追って来た佐伯有頼[さえきありより]に、熊が阿弥陀如来に、白鷹が不動明王となって現れ立山の開山を命じた場所とされている。

次はみくりが池
画像


当初の予定ではみくりが池山荘で昼食(げんげのから揚げ)を食べてから登山開始の予定でしたが、

なんにせよ、立山駅の混雑も全くなくスムーズに来てしまった(いいことなんですよほんとは)ので

まだ食堂がオープン前。泣く泣く登山開始を余儀なくされたのでした。

雷鳥沢キャンプ場に下って、別山乗越へ。雷鳥沢を登ります。
画像


地獄谷からのガスも綺麗に見えまさに登山日和
画像


剱岳が見えました。
画像


今日は剱澤小屋に泊まります
画像


9月22日(金)
AM 6:00 まだ、谷間には太陽の光が届いていませんが出発です。
画像


剱澤の雪渓を下ります。  
昨晩剱澤山荘のご主人から雪渓状況&ルートを図解で説明してもらいました。
画像


気持ちのいい快晴の中下る雪渓は最高です。
画像


雪渓終了 。 巨大な空洞から轟々と水が流れ出てきます。
画像


沢沿いを丸太の道が・・・水量が少ないせいかしっかりした道に見えます。
画像


二股吊橋を越え
画像


ゆっくり珈琲タイム(笑) 
三の窓雪渓を眺めながら最高の時間です。

さあ、仙人新道に突入
画像


急登の途中で望む三の窓雪渓に癒され
画像


仙人峠から見える仙人池ヒュッテ
画像


まだAM10:30 池の平小屋に散歩に行きます。

裏剱の迫力
画像


池の平小屋では昼食を食べて、剱を眺めながらお昼寝しました
画像


こんどは池ノ平に泊まってみたいな。
画像


仙人池ヒュッテには一番乗りでした。
画像


温ったか〜〜いお風呂にゆっくりつかり一日の疲れが抜けて行きました。

雲が多く、天気が・・・。期待していた裏剱は
画像

夕方の一瞬だけ明るく見せてくれました。

夕食のイカの墨作り!! おいしかった〜〜。
画像


夜中に叩きつけるような雨と雷! 明日は大丈夫かな〜と不安を抱えながら朝を待ちます。

続きは後半で。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
室堂〜剱澤雪渓〜裏剱〜阿曾原温泉〜水平歩道の旅  前篇 岩魚と山と竜と鈴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる