岩魚と山と竜と鈴

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽後朝日岳 2017.3.3  憧れの稜線は・・・

<<   作成日時 : 2017/03/06 21:33   >>

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 2

ここ何年か憧れていた山です。

夏は基本的に登山道はなく、登る場合は沢登りとなる。

冬は豪雪地帯の為、春山での登山記録が散見できる。

どうですか? 道無き山 憧れますね〜。

ただし天気が安定しないこの時期、加えて遠征のためピンポイントの日。

不安いっぱいでの挑戦でした。

場所はここです


貝沢登山口看板(下山後に撮影)岩手県道1号盛岡横手線
画像


西和賀町貝沢地区の一番奥から出発です。
画像

除雪もここまでです。 邪魔にならないところへ車を止めさせていただきました。 
出発06:40

画像

林を抜けると牧場があります。

画像

標高480m付近で沢を渡渉し、渡った先の尾根に取りつきます。
07:20

画像

取りつき点

画像

1時間登ったあたりで朝日が!!

画像

稜線にでると強風で・・・視界も・・・。。 09:30 1090m付近

画像

10:20 1250m付近 モッコ岳との分岐稜線手前です。
視界は10m以下となり先は完全に見えません。 ここで撤退を決めました。

画像

稜線の雪庇が発達しているのがよくわかります。 風はどんどん強くなっていきます。
つい一時間前に通った自分の足跡も消えています。

画像

でも綺麗なんですよこれが。 暴風の中でも見惚れてしまうんです。

画像

ところどころに赤い布(目印?)がありました。 冬季限定ルートでも地元の方は登るのかな?

画像

標高1,000mを切ると雲の切れ間から日も差し込みました。

画像

ブナも寒いのか?
画像


画像

この足跡の主はキツネかな? 

画像

牧場では青空も。

画像

でも、お顔は見せてくれませんでした。

画像

13:00 下山完了です。

残念ながら山頂まで行くことはできませんでしたが、有意義な登山でした。
次のチャンスは1年後か2年後か??
下山後、銀河高原ビールをしこたま飲んで(笑) きもちのいい温泉に浸かる。
ん〜〜!! 再チャレンジ決定ですな。

3連ちゃん青空なしのお山でしたが、それでも楽しいんだな〜〜〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!
体調を崩されているのかな〜と思っておりましたが、冬山登山満喫中のようで、よかったです。
道なき道を・・・素人なので、怖いなあと思います。でも、お戻りなので無事だったんだし・・ときれいな風景を楽しませていただきました。
Nyanta
2017/03/11 02:38
Nyanta さん おひさです。
体調はボチボチ(胃癌疑いで精密検査も良性糜爛でした。)道なき道も歩いた後は道になる。1人で勝手気儘の山旅です。またヨロシクお願いします。
ヒデキチ♪
2017/03/11 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽後朝日岳 2017.3.3  憧れの稜線は・・・ 岩魚と山と竜と鈴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる