岩魚と山と竜と鈴

アクセスカウンタ

zoom RSS 火迺要慎のお札を戴きに。 愛宕山 2015.1.18 

<<   作成日時 : 2015/01/29 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 5

今年は大阪の冬はよく雨が降る。

平地が雨は山は雪

京都の愛宕山に【火迺要慎】のお札を戴きに行ってきました。



嵐山手前から望む朝の愛宕山
画像


清滝トンネルを越して愛宕山
画像


二の鳥居をくぐり出発です。
画像


すこしずつ雪がつもっています。
画像


下は晴れてますね〜!
画像


しっかり積ってます。
画像


愛宕神社到着です。 社殿はもうちょっと登ります。
画像


冬の時期は社殿脇の参拝者休憩所でストーブが焚かれていますのでありがたくあたらせていただきます。

お参りを済ませ、お札を戴きます。

7合目から地元の方と一緒に登らせていただきました。
もう二十年も毎週のように登られているそうです。
北海道の旭川出身のため、雪が嫌いだと。
大変な思いを小さいころからいっぱいしてきたと・・、わかるな〜〜。
参拝後お付き合いいただいたお礼を言って私は竜ヶ岳へ。

参道の階段を下り
画像


竜ヶ岳方面へ
画像


画像


画像


画像


霧氷の森です。 綺麗だな〜〜
画像


画像


画像


馬酔木の森を抜け
画像


吹きだまりは腰までの雪です。
画像


竜ヶ岳山頂 
画像


ゆっくりコーヒータイム♪ 軽食を取ります。
画像


画像


写真を撮りながら、優しい光の森を歩くと気持ちがいいね〜
画像


画像


はじめて(笑)気が向いたので、愛宕山山頂(三角点)によってみました。
画像


参道に戻り下ります。 黒門通過。
画像


水尾別れから水尾の里へ。こちらも初めてのルートです。
画像


途中には色々な説明看板が。
画像


画像


久しぶりの【米買い道】へ。
画像


水尾は清和天皇の終の棲家でした。 清和天皇社にお参りしました。
画像


【米買い道】久しぶりやな〜・・・、めっちゃ道荒れてる
画像


ヽ(^。^)ノ
画像


庚申峠を越えて落合に出る。 清滝川出合い
画像


清滝川右岸を昇り
画像


清滝に帰ってきました〜
画像


試峠を越えて念仏寺手前の駐車場に帰って終了〜〜。
8時間を超すとめっちゃきつい〜(笑) 運動不足や!!(笑)

家に帰り【火迺要慎】のお札をさっそく貼りました。
画像


一日楽しくゆっくり遊べました。 今年一年【火の用心】のご利益お願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 62
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「愛宕」ってにゃんた地区にもあるぞ。
しかも「火祭り」するし・・・と、調べてみました。勉強になりました。

にゃんた
2015/01/31 20:51
にゃんた さん お晩です〜。
愛宕神社! たぶん全国にありそうですよね〜。
そうなんです、京都のここが総本社なんです。
関西は、寺社仏閣の本山・本社が多いんですよね。
歴史の教科書に載る所が身近にあるんですよ。
ヒデキチ♪
2015/01/31 22:13
こんばんは。
遅くなってしまって申し訳ございません。
愛宕神社は私の所にはありませんが、愛宕と言う地名は近くでは飯田市にあります。
お札を頂くのにこんなに雪の中まで行かないといけないのは大変ですね。でも、霧氷の森がとても綺麗でしたですね。私もこう云うのが見たくて、雪が降ると山に入って行っていますが、なかなか思うように見れなくています。太陽も出ていて本当に綺麗ですね。
HT
2015/02/01 01:08
今晩は。雪の中を歩いて1日楽しんだ----。いい活力源ですね。腰まで浸かる吹きだまりですか--。夏ならもう少し楽でしょうか?
行き当たりばったり
2015/02/01 18:55
HT さん こんにちは。
愛宕山の霧氷は雪がそんなに多くないせいなのでしょうか?いつも綺麗な景色を見せてもらえます。
晴れの日の霧氷いつ見ても綺麗です。

行き当たりばったり さん こんにちは。
雪がなければハイキングでの軽登山です。
7月31日の夜から8月1日の朝までの参拝が
【千日通夜祭】として数万人も人出があるんですよ。
ヒデキチ♪ 
2015/02/07 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
火迺要慎のお札を戴きに。 愛宕山 2015.1.18  岩魚と山と竜と鈴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる